クラスメートの目花より男子話では「怖い話」に度肝を小学生

での追及に、瀋陽市鉄西区興工街にある小学校5年生のリンリン(仮名)と言えたどうして毎日夜はお母さんになだめすかして寝るの原因.
それは、上の自然の授業の時、教室の雰囲気に活躍させて言って、なんと学友は言い始めた鬼物語.
自然課にクラス怪談
藺さんには、昔から単独でリンリンは部屋で寝ていましたが、今はその怪談させて夜も眠れない.
琳琳によると、先週の自然先生は学生たちの物語は、育成表現.多くの学友に相次いで歩いて教壇物語、あと何人の学生に言い始めた怪談、彼女と多くの学友はすべてびっくりして耳をぶ聞く勇気がない……
リンリンの紹介によると、以前に自然の授業の時、先生は学生たちを利用した殘りの物語が、以前は冗談を言って、いつか、ある同級生から怪談.
自然課は科学の科目、子供は何か情報を受けたリンリンの家族はよくないと思う.
基礎教育を考えるべきは、より包括的な
昨日午後、徳育カ所の表示、彼女はそれを調べて、当事教師は1人の女の先生、業務能力が強いのも、とても責任.学生の物語はここ数日やっと教室の殘り時間を利用して行われたが、ちょうど授業があったことがない物語の状況.
教師の紹介によると、当事先生も思えないという結果.ある学友何気なく話し始めたという物語、またはいくつかの物語の個別筋におくびょうのクラスメートと先生に制止されていない.
教諭によると、当事先生は教室の雰囲気に活躍し、同時に学生の思考を育成するために、言語の表現能力.
今この教師を認識し、心の教育の過程の中ではきっともっと気をつけて、もっと週全的な考え.
昨日午後、この学校の1位は、当時の教師の空き時間を利用して活躍が教室の雰囲気は、学生の総合的な素質を鍛えて、その主導のはいいが、いくつかの小学生の話の内容が外れ.この指導と同時に、先生は教室の秩序から学校で、若い教師教育の充実.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です