夏季養生五大黄金の目法則

夏には高齢者に体の健康に試練をもたらしてきて.祖国の伝統の養生学のこだわり順四時に適寒暑、年配の人にとって、時節に良い夏の養生、スムーズに度夏だけでなく、さらに健康増進、長生きする.以下の5つの原則、起居、食、養生、予防について、この夏、老年友達は変えることができる.

夜早起き早起き早起き.夏の日照時間の延長は昼が長く夜が短い、更に明らかで、この時点では自然界に陽盛貧血状態の変化、睡眠面に対し宵っ張り、早起きを提案し、夜じゅう時前に寝る時ごろ起きて、朝ろく.子午覚を原則の子の刻に寝て、昼ごろの小憩.しかし、昼寝の時間は長すぎる、普通は半時間で宜
レビトラ 購入.昼寝して目が覚めた後に起きないで仕事や勉強、脳供血不足から時が出て、短いの脳機能障害、感じさせるのぼせて頭がくらくらするが、静にじゅう分後に起きる.立夏の後の生活はいったん確定して、自己束縛をしっかりして、生物時計を保護することを保護する.

P食:酸マイナスショーン.夏には、人体の臓腑はかんしゃくが薄れる、意気クレッシェンド.食事を食べることができて酸の食べ物は、腎臓を補って助肝、養生胃气、例えばトマト、レモン,イチゴ、ブドウ、パイナップル、マンゴーなど、それらの酸味を集め、唾液の分泌を促進して、健やかな胃汗祛湿喉の渇きを.辛いものはできるだけ少なく食べて、夏の陽気に上がって、容易にのぼせるの食品は体の内外に熱い、にきび、口腔潰瘍,目、便秘などが現れます.

気分:心を静めて修養.夏老人易イライラし不安から、立夏の養生精神修養する.一は戒燥、老人は精神的に静かに保つには、気持ちがいい.気温が高い時、外出を減らし、中に高強度の運動を避ける.二は食食べて高い脂のおいしい料理を食べることができ、大豆製品、鶏肉、赤身などは、栄養を補充して、またから強心作用.

保健:健脾臓除湿.夏は蒸し暑くて、脾臓のびくびくする提案を食べやすい老人、毎週2回になると赤小豆カルビスープ、小豆ハトムギの実のお粥、山芋蓮子スープなどを改善することができて、脾臓のびくびくするによる精神が疲れて、食欲不振、大便をする沼など.また食べ過ぎないようにスイカ、ゴーヤーなどの寒い食品、さもなくば令の好みが負傷し、助長内湿、健康によくありません.老人に長い時間で冷房の中、要らないで湿ったベンチ、芝生の上で保存;入浴後などの髪は自然乾きあるいは全く乾いて寝る.適当に運動して汗をかいて、内に濡れて排出して、慢走、ヨガ、太極など.

p>病気の予防:冬<病夏治.冬に日照時間が長く、自然界の陽気が最も盛んに、この時に漢方薬のツボを貼って治療を貼って,治療する冬病を予防すること、著しい効果を得ることができる.冬の病気に適し夏治のよくある病気に風邪を引いて、気管支炎、気管支喘息、慢性閉塞性肺気腫、アレルギー性鼻炎、リウマチとリューマチ性関節炎や好みのびくびくして冷たく類疾患など.また、夏も漢方薬の外用の時期、漢方薬のソテー、多種皮膚病を予防することができます、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です