学の目栄養学を学んで、結局どのように食べます

栄養士たちは食べる前に、いつも多少のカードの熱量を少し計算してみては?彼らは動物の内臓を食べてタバコを吸わないで飲むことを食べないで、チョコレートフライポテトのハンバーガーを食べますか?健康食の代名詞として、彼らの食生活方式は、人々が従う基準であった……栄養士は不老長寿の薬も一日中食べないで、冬虫夏草、しかし、彼らは偏食して、工夫を凝らして脂肪の摂取とは距離を置いて,平凡な食べ物は彼らの手の上には、あなたが感じて健康.彼らはとても少なく心に心臓血管疾病、体つきがしなやかで、永遠に実際の年齢より若い若い……ある栄養学者は、私は毎日チョコレートを食べて、しかし私はただ1個だけ食べます……彼らの信念は:毎日健康で少しずつ、積み重ねて、健康な1大股.お酒はワインを飲み塩味ワインのような、栄養学者は特に欧米栄養学者たちは共通の趣味は、彼らは健康面で,目、ワインは他のビールか強い白酒.毎日の夕食、私も白ワインを飲みます、これは夕食がもっと完璧です.外国のあるテレビ番組健康に良い食欲』の司会、栄養学者・エリ?カラット吉博士は「外で食事をするなら、私は二杯飲みワイン.ワインはとても健康なアルコール飲料です、これはみんな知っています.ワインは優雅に、食事の情趣、雰囲気をつくることができます.その中に多く含まれるレスベラトールなどの抗酸化物質、心の脳血管保護.魚を選ぶのではなく、牛や豚と羊肉の外食、魚は最良の選択.ニューヨーク大学栄養学科助教授は健康な考え、毎週少なくとも3回は食べることができるという.でも、魚と肉はよくないですが、魚と比べると、彼らの栄養は確かに見劣りがする.」コメント:私たちの北江河鲜で知られる遠近、魚を食べるのは特に蒸し魚食習慣.豚牛肉羊肉は赤身、私たちはすべて知っていて、通常、豊富なので飽和脂肪酸のため、赤身は白身(魚、鶏肉、鴨肉の赤身など)健康、しかし自分のミネラルも、白身と比較にならない―――われから喰わぬ上人はなし、とは言えませんが多くを食べる食べる赤身のような話をみんなに参考物価値上がり幅を位置決めだろう.洪水猛獣炭水化物は多くの人は炭水化物は肥満の元凶で、私は完全に認め.シカゴ北西健康研究センターの栄養学者道恩?ブラッター納はフライドポテトが健康でないが、問題は「揚げ”ではなく“ポテトに.消化の遅い炭水化物,サツマイモ、ジャガイモ、麦粥、3度食べても問題ありません.」アイデアはアイディアになりました.例えば、蒸し魚は魚ほど油っこいと肥えている人はいないと肯定.人は食べ物、人の料理方式には間違いない.野菜、多くの野菜自分を目標に、一ヶ月以内、市場のすべての種類の野菜を食べて食べます.これは実際には達成しにくい.アメリカボストン布莱汉姆女子の病院のキャシー?麦克纳斯説..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です