思わず天目涯遠い夢がある

彼の“低俗」の名前が王に綴さをためらっ白頭山奥地の生まれという貧しい山村に放牧地.この小さな山村ほとんど孤立、父は自分の子供が一日を出て行くことができる大山、生き抜く天涯へ行って発財.家が貧しくてから、発達した王小学校中退せざるを得ない.見て普段息子、強さも父に落下した涙、涙をかき集めている王金儲けの頭は学校に嫌な思いをさせたことができない!できるだけ自分を抑えている王に当時の心の痛みは、語気平とお父さん、別に!私はまた利用のアマチュアの独学して、これからも出天涯!

本の難題を解決するためには、王の足にほとんど踏破する村にすべて本の家の敷居.ながら王発達の努力して勉強し、しかしこの不毛の故郷は難しい1個乗せる山村少年色とりどりの夢、それもひそかに予告している彼の前途は必ず痛みと苦しみ漂泊.

暇さえあれば、王に走って行くと邻乡工事にチームでアルバイトをして、一日としていて、彼は肩よりデリケートな赤い腫れの数日間は、この1ヶ月近く100元のお金を稼ぐことができるが、これらのお金を彼は1分も惜しんで、溜まって、たいてい買う自分の好きな本や雑誌.

お金も王に無駄、望み、息子に多くの仕事の父の怒り、彼とその息子に名付け発財の意味はないとのことで、息子だ.彼は息子の本は全部焼失し、本にはなれないおいしいご飯、衣食の未解決の山村では出口のない.父は自分の息子の瀬戸際で踏みとどまる、地道な耕作、多収食糧に良い暮らし.

に続いて、金を節約するためにも、強情な父もう焼本は、白山市図書館の図書貸し出し証だったが、一度本を借りに行きの往復8時間かかる.でこぼこな山道を歩きにくい、王によく落ちた傷だらけで、しかし彼は退却で、週に二回図書館風雨に遅れない.

閲覧室に、、哲学、歴史の本を見て、ことができるのでさえすれば、彼はすべて見逃さないように、彼は発見した宝赤貧者、大喜びで、本のページをめくるごとに1株の激動.

本は読めば読むほど、彼は満足できないからいくつか小さい文章を書いてみ.昼間も父を見て、彼はこっそり懐中電燈を試みている夜を書いた後に、またこっそりと雑誌の住所を投げる.幸運は訪れる人々用意思い付かなかって、彼の1篇の原稿の発表.

やがて原稿料が来たから、なんと100元、この小さな山村で爆発的にニュースになった.父は息子が理解できました、彼は専任作文、それから一つ一つ美文あり全国各紙.

数年後には、彼が見て吉林市雑誌編集時募集、経験した雪の洗練された彼の決定を出て大山>

☟ED治療薬