文学で物語の目哲理文章

は物語の中に哲理文章:

、主人と秀才

〔物語」などの一日、秀才家を招き、天気は遅い時、急に雨が降り出した、彼は泊まるざるを得ない.しかし彼の友達は彼の宿泊させたくないので、紙に書いた言葉は雨の日やらず日殘って人を殘さないで.秀才見ましたが、友達を知りたくない彼を宿す.くせ知らないその意をペンで、この言葉がいくつかリガ句読点:雨の日やらず、日、殘る人は?殘る!そうすると、この言葉の意味は完全に変わった.その友人は返す言葉がないので、手配秀才に泊まる.

〔哲理〕唯物弁証法は、物事の全体量は変わらない、構成物の成分と並ぶ秩序構造上の変化を引き起こすことができます!.物語の中のお客様への主人と実際の意味は:雨の日やらず、日殘って人を殘さないで.主人のけちである.まだこの話、秀才目標時の機転の処理を語義が質的な変化.

二、玉波亭

〔物語」など昔、ある成金の風景秀麗な湖を建立した1基のレストラン.このレストランのために一つ雅名、彼に四方の文人、要求の名前を含まなければならない4の意味が、彼は王だと彼は金持ちの3彼は革の出身で、その4彼のレストランは湖 レビトラ 効き目 5mg.各文人はありったけの知恵をしぼって、できない適切な名前を思いつく.は彼らの難癖をつける時、貧しい秀才ここから通って、聞いたこの事は、以上の3つの大きな字を書いた:玉波亭.それから彼はいちいち説明し.衆文人思わず絶叫を聞いて、主人の自然も嬉しい.秀才の解釈は、玉波亭の玉の字は、王に、で構成され、これを示唆した王は主人に加え、、玉は、玉財宝、暗示主人金持ち、波は、水にと皮字の構成の皮暗示主人は革の出身で、皮に水そばは波、渡は暗示水.亭の前に渡はちょうどレストランは湖の意味.

〔哲理】唯物弁証法は、連絡は物事の間や物事の内部の各要素の間の相互の影響、相互の制約の関係.連絡は客観的に、人の移動が人によっては、物事の固有の連絡、物事の状態を変えて、新しいの具体的な連絡.唯物弁証法は、矛盾の物事や各介サイド各特徴は、矛盾の特殊性を求めて、この問題で用事を具体的な問題を具体的に分析しなければならない.革出身の王社長の衆文人や一般の人にとって、できないでと教養が繋がっているので、彼らはありったけの知恵をしぼって、思い出せ適切な名前.しかし秀才が捕まえた問題の本質と特徴をつかんで、物事の固有の連絡や矛盾の特殊性、一連の警句联珠>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です