楚人目で川を渡る

戦国時代、楚の君主は非常に野心があって、四六時中どうが天下を統一することができる、どのように多くの土地.

当時、楚国の勢力、君主は好戦的でよく行く攻略する別の国の城.しかし他の国から軍と国力よりも楚国、泣き寝入りしかない、彼の恥知らずな行為は不本意だろう.

この日、楚を選ぶ精兵良将は本日襲撃宋国.ただ、宋を1本のとても広い深い大河.そこでまず測定を川の深さ、そして測定器にしっかりマーク.でもその日はあいにく、川の水が突然上昇、楚国の人は知らないまま、元どおりに測量のマークは深夜に密航.結果はおぼれた1000人、とても驚き楚軍 勃起薬 人気.

もともと測定時には乗り越えられ、今すでに上昇した川で、楚国の人は昔ながらのマーク渡河された、だから.

【哲理啓示】:

世界のすべての物事が変化する中、人々の思想はそれなりに変化する.もしいつも滯在時に、頭が固い、それならきっとひじ鉄を食う.

☟精力剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です