目が疲れた時の対処法

パソコンを見るときや高度注意、運転するときに目が酷い酸感が感じた時は目が疲れたということです。目が疲れた時、たまには目を休ませておいてください。ここで目が疲れた時の対処法をまとめて書きます。目が疲れたとき、どんな対処法をとっていればいいのですか。目薬を注す、目の周りのマッサージをするなど、対処法は人それぞれです。でも、どうせなら効果のある対処をしたいのです。そこで、目が疲れたときに効果的な対処法をご紹介します。目の疲れを緩和して、ストレスフリーな毎日を送りましょう。精力剤

最近は冷蔵庫で冷やして使うアイマスクやレンジで温める目のパックなども市販されています。しかし目が疲れた時、温めるべきか冷やすべきか迷ったことはありませんか。目の周囲が熱っぽい時や白目が充血している時にはタオルを冷水で冷やして「冷パック」を、ドライアイや疲れ目でショボショボする時には蒸しタオルを使った「温パック」をすすめています。オフィスワークでの疲れ目には、温めるのが良さそうですね。ショボショボしている上に充血している場合は冷パックと温パックを交互に行います。

目が疲れると無意識に目頭のあたりを押さえたりします。実は目頭の窪みには「晴明」というツボがあり、親指と人差し指でつまむようにして押さえると目の疲れに効果があります。また目と耳の間にかけてもツボがあるので、両手の手のひらの根元をその部分に当て、左右から頭を挟みつけるようにすると効果があります。シアリス

目の疲れを放っておくと肩こりや頭痛を引き起こしたり、慢性化すると視力も落ちてしまいます。手軽にできるこの解消法で、普段からこまめにケアできるといいです。