目の下のたるみという症状を改善する方法はある?

目の下のたるみとは
目の下のたるみとは、目の下がたるむ状態ですが、しわやほうれい線と同様に、皮膚の下の真皮内にあるコラーゲンやヒアルロン酸の減少によってできるいわゆる老化現象です。実年齢よりも老けて見られてしまったり、疲れているように見られてしまったりと、良いことはありません。そこで、まずは目の下のたるみのできるメカニズムを知って、それぞれの原因に応じた確実な改善方法を行うことが重要です。

目の下のたるみの原因
目の下がたるむ原因は加齢によって目の周りの眼輪筋が弱くなり、顔の内側にある脂肪が前に飛び出してきてしまうからです。これにより、目の周りの脂肪に眼球の重さが加わり、脂肪が前に押し出されることで目の下がぷっくりと膨らんできます。また、日本人は目の周囲に脂肪がついている人が多い人と言われています。この脂肪が多いと、眼輪筋が衰えたときに目の下に溜まる脂肪も多くなってしまうのです。

紫外線を浴びた肌には活性酸素を発生するのですが、活性酸素は老化を促進させる物質であり、コラーゲンやエラスチンにダメージを与えてしまいます。若いうちは新陳代謝が活発なため、多少のダメージも回復することができますが、ある程度年齢が進むと回復が難しくなってしまいます。特に目の下の皮膚は薄い部分であり、しっかりとケアしていないとダメージがすぐに現れてしまう場所でもあります。

目の下のたるみの改善方法
鏡を見た時に、目の少し下の所がたるんで膨らんで見える場合、どうすればいいのか?目の下のたるみの改善方法を身につけましょう。

目の下のたるみを解消したければ、目の周りをぐるりと囲んでいる「眼輪筋」を鍛えるのが効果的です。筋肉を鍛えれば、重い皮膚を支える力を取り戻すことができるからです。年齢に関係なく筋肉は鍛えることができますから、今からでも始めてみましょう。

また、冷やした牛乳やお茶をコットンに浸して、目の下をパッティングするのも効果的だといわれています。普段の生活においては、十分な睡眠を取ったり、魚やレバー、ニンジン、ジャガイモ、大豆などの、目によいといわれている食品を意識して摂ったりすることも、たるみの改善に効果があります。他には、目の下の切らないたるみ取りと脂肪注入などの適応施術も効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です