秘方インポテンツインポテンツインポテンツインポテ目ンツインポテンツインポテンツインポテンツ

インポテンツは男には言えない悩み、たくさんの男はこの状況にあって、医者として恥を恥じる.それでは、と小編一緒に棚卸インポテンツの症状と見なくても自国の秘方解決できる医者だろう.

インポテンツの病気の病因

はインポテンツの病因を見極めるインポテンツはインポテンツ多数属機能性、少数属器質性.よくある原因は以下の数方面:

p> <いち、精神神経の要素:たとえば幼年期の性の心理に傷ついたり、新婚欠乏性知識、緊張と不安の心理や夫婦の感情の行き違い、家庭関係がしっくりしない、または不良習慣でオナニー力んではなく、その陰莖の感度低下、ストレス、思想の負担などによってインポテンツ;頭脳や体力すぎたり、不良精神を刺激、過度のうつ病、悲しみ、恐怖など、または過度恣情纵欲、性生活も大脳皮質機能の乱れなどを引き起こすインポテンツ現れ.

に、神経係統病変:視床下部-下垂体腫瘍や脳腫瘍部位、局部的損害などの局限性てんかん、脳炎、脳出血圧迫など、脊髄損傷、脊髄腫瘍、慢性アルコール中毒、多発性硬化症、骨盤損傷自律神経手術週りなどがインポテンツ.

さん、内分泌の病変:もし糖尿病,目、脳下垂体機能不全損傷や、睾丸機能の低下,や甲状腺機能低下症や亢進、副腎機能不足などにつながる可能インポテンツ.

よんしよ、泌尿生殖器官病変:たとえば前立腺炎、前立腺は増殖して、副睾丸炎、精索静脈瘤など普段によってインポテンツ.部分では、高齢者の患者は、前立腺炎と前立腺増殖でインポテンツを起こします.

ご、薬物の影響:臨床の上で多くの薬物性機能を抑える作用など利血平、胍乙啶、ジゴキシン、安定、速尿、胃複不安なども引き起こすインポテンツ.

ろく,早漏防止薬,慢性疲労:疲れが引き起こすインポテンツ、筋肉が過労や、過度に頭を使うと、憂鬱不安や緊張などによる心因性妨害性欲の疲れを含め、大脳の機能低下を抑制した性興味、皮質エッジシステムの感情の中で枢興奮性の低下は、脳下垂体の促性腺ホルモンと睾丸の雄激素分泌減少低下し性興奮.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です