電気毛布最多で目ろく年と同じでない湯たんぽ

寒い冬には、電気毛布は多くの家庭の必需品、しかし、毎年冬にしないための安全使用電気毛布によるやけどや火災などの事故が頻発する.最近では、電気毛布は最多でろく年、多くの人が知らないの微博を引き起こした多くの人が注目.明らかに、消費者は使用電気毛布に多く存在する落とし穴.中国家電協会副秘書長陈钢消費者に注意して、電気毛布はフィット電器、使用の際は、以下の点に注意.せいぜい6年で.2008年じゅうに月いち日、国から実行された『電気毛布や電気マットと同様のフレキシブル発熱器具の特殊要求』の規定では生産日から計算すると、電気毛布の安全使用期間はろく年.陈钢て《生命時報》記者電気毛布内部電源ラインの老化、亀裂が外では見られないので、役に立ちません、買ってきろく年取り替えなければならない.さもなくば一度電源線老化、割れ、轻者、人を電気傷、火傷し、深刻なのはまた火災.前によく検査する.初めて使い電気毛布を前に、まず電気毛布をよくチェックして、もし表面、電源コード、サーモスタットやプラグ損傷や脱毛布面、黒こげ、通電して電気毛布暑くないあるいはただ局部発熱、説明して電気毛布が故障し,目、直ちに使用を中止.使う時は必ず一定にしてはならない.電気毛布なら人工の手がベッドの上で、折りたたみ使用、局部の過熱を避けるべき.特に直線型電気カーペット、最高タツル張りでベッドに堅い板ではなく、ベッドでベッドなど比較的に柔らかいベッドに使用して、さもなくば電気ホットライン変形しやすいや切れ、誘発感電、火災.収納時、縮れや他の重さを縮れないし、乾燥した通風所に置いておいてください.上敷き敷き布団.電気毛布と皮膚に直接触れないほうがいい、電気毛布に一層のタオルケット,シーツ敷き布団あるいは薄いだけでなく、より快適で、火傷は避ける.しかし、厚い敷き布団の下では、焼失部品、火災による火災などができます.湯たんぽと一緒に使用しないように、湯たんぽの熱を加速絶縁層の老化、電気毛布の使用寿命を短縮する
シリアスの副作用.電気毛布を恐れて濡れ.電気毛布を使用したら汚れた布や柔らかいブラシ清潔汚れ、絶対に手を入れや洗濯機で洗い.子供には、老人、患者に使用電気毛布防止や汗による濡れおねしょ電気カーペット、電気ホットライン短絡.もし水や電気毛布意外湿気、直ちに安全乾かして、検査後再使用.最高の製品を買うには.電気毛布の価格は数十元から数百円.陈钢提案、ぜひ正規流通ルートは、壱屋台まで購入価格は安くて、品質は無保証の製品;2は購入前に見極めメーカーの名称、住所、電話番号、生産許可マーク・製品マニュアル、使用期間などの情報がそろっているかどうか.また、陈钢紹介、今多くの電気毛布が自動制御加熱温度、一定温度は自ら停電保温、ある製品は局部を訴えるのはおとなしくて、例えば脚の設定温度は少し高く.この製品はもっと安全、快適度も高い.もしは暖かい訴える型は、寝る前にさんじゅう分を予熱して、眠って接続をオフに電源OFF,連続加熱.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です