魚の目NEXI涙

て創造の海洋生物の時はうとうとし、私は神で居眠りをする前の頃犯の.このミス、私は1件の失敗の作品が、ではハード神様に挟んで1群の後ろ.私は尾がなくて、きれいな色彩、高貴なないで、賛美者.
その群美しい背後で、私はそれらの恥なので、それらは排斥して私を追放し、僕、僕を駆けつけ海の上層、そして厳しく定め私は続けて、それらは私をかみ殺す.
こうして、私と水に住む淺海.はとても喜んで、私は生きてきた.ない
太陽は東から西に落ちて何回私は変わっていない、それは醜い.やはり同じ平貯蔵.変わっていくのは、陸上のすべて.陸地にますます直立歩行の生物で、彼らに住んで、竹で作って彼らの家の場所と呼ばれ.彼らの生活は私と同じに、平使用済みで、違いは、彼らは、私にはない.この村には一度もない人が入ってきて、人がいて、漁、布、そのまま過ぎた日々.
私の目には、たぶんその村は世界の全だろう.
村に私の唯一の人は、秋 レビトラ 腎臓.彼はよく海辺を救うの海鳥を見るたびに彼を連れて海鳥の時、私はいつも傷ついた鳥は、このように、私は秋と一緒に住んで、しかし、総そうじゃない.
やっと一度、来ました.秋の彼と一緒に漁をして、彼收网の瞬間、私に魚網.この花が落ちていた私の一生の.私は望むならば、私には大きいことに食べるので、秋を引き取った私.それから、秋は駐に入ったのは私の生活、或いは私の駐に入った秋の生活.
これは環境、空間はとても小さくて、私と水が好き.なぜ水が私が好きなことを知らないで、たぶん、彼も秋が好きでしょう.
秋は朝起きるの第1件の事は私に食べ私は一度も食べた料理、そして小顔に金魚鉢を尖らせて、小さい口、泡を吐きましような動作.彼のばかさ加減を見て、私はどのみちくすぐられ、私だけで楽しました、彼はやっとあきらめ.ああ、彼は私を見て笑った.
こんな生活に長く続いて.秋にゆっくりと成長して、私も成長して、水だけは変わらないで、やはり塩.
ある日、秋の秋に部屋を掃除しているとき私を見つけて、彼女は私が十分秋、彼女は私に送電、秋のお父さん、秋の父が病気になったから、もう何日も漁へ出た.秋のを聞いて、急いで金魚鉢を抱え、叫ぶ:いや、それは私、あなたはそれを食べることができる.秋のお母さんのために、秋はずっと利口で、逆の意味ないから、今日は……秋と彼のお母さんがけんかを始めました、彼の母親はいい子など、あなたのお父さんは良くて、更に彼を更にきれいな魚があげる、この魚汚かった.秋を抱いて金魚鉢:“私は要らないで、私はそれ、それは一番綺麗な.」知らない
いつ水は暖かくなって、一種異様>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です