360度美しい女性目6三角区で宝典宝典

体のあなたを重視して、同時に注目したかどうかのシェイプアップ自分の体の健康?女性特有の6つのセクシーさを重視するかどうかは健康と密接に関係する三角地域であるでしょうか,シアリス.これらは顔面、首、肩、などの重要なエリアで、たくさんの神経と血管、関係はあなたの美しくと多くの臓器の健康、あなたはいっそう加護することが必要です.

1、顔面三角区

pは注目すべき:長い天然痘

あなたの鼻翼と左右の両側の口もとは、顔面三角区を構成することに関心を持っている.このエリアは多くの血管が分布し、脳の静脈には、旺盛な養分と交換が行われています.ただ顔面静脈はあなたの全身唯一静脈弁が静脈、静脈血は下流に頚部静脈、上流から脳静脈にまで.

から顔面の皮膚の薄い三角区、同時に血管は豊富、新陳代謝が旺盛で、だからあなたは体内の毒素を蓄積状況も簡単にここで体現して、これもどうしてここに容易で長い天然痘の原因の一つである.

専門家のヒント:注意するのは、もしこの三角区域内の長い天然痘、くれぐれも天然痘を押し合いをして駄目にして,さもなくばやニキビ肌に中の細菌や毒素やすいが静脈血眼へ、鼻腔につれて、甚だしきに至っては脳、感染を起こし.

p2、頚部三角区

Pは首がだるくて痛いです

に値するのですがあなたの全体の後の頚部は、第頸椎と第二頚椎を含む、すべて首の三角区の範囲に属します.君が振り返ると、うなずいて、首振りをして、この地域がお前の体を集中するのは,目、最も弱い関節群である.

は、頸椎の頸椎、頸椎の弾力性が増加することができます.もしあなたは長期的な姿勢不良、寝枕が硬くて、高すぎて、すべて頚部の生理が曲がって、筋肉痛、頸椎の中の神経、頭痛,吐き気などの症状が誘発さ.

まず絶対に寝てはいけない枕、頸椎頸椎は大きなストレスを受けます.その次に注意して頚部の保温、寒湿やすいこの地域のガスから侵入し、コリを引き起こす.最後に強調するのは、頚部の三角区痛時、勝手につまむない、正しい方法はタオルで茹でる、または熱湯でびしょ濡れ、前後左右左右活動頚部、頚部筋肉をリラックスします.

「P3、肩デルタ区

注目に値する:肩過労

あなたは左右両側の肩関節とそのまわりの部位が肩デルタ区.このエリアの活動範囲は最大で、関節の接続は丈夫で、そのため運動や重い荷物を持っている時に力を入れて、容易である、容易である.もしあなたは長い時間の背中は比較的に重くてバッグに加えて、単肩と、もっと簡単につながる肩筋過労、各種の慢性的な炎症を引き起こす.

>

女は長い斑五個の目時期には油断ならない

Pはいつのまにか色の色がついてわからないかもしれないが、なぜか突然現れた.思い出している自分の最近の生き方、勤務と休息の法則、飲食健康、精力もいいのだが,目、妙にシミが現れて、下手の射る矢であるため、女性は自然が容易で長いぶちの六時間が多くない、この過程を重視して、可能な、問題となった.

女性は5つの時期が長く、長斑

としても,P1つの時期:そばかすそばかす属先天遺伝性疾病、多くて6歳の時に出現して、年齢の増加はだんだん多くなって、深さと日焼けして日焼けして関係がある.

第二の時期:思春期は皮脂腺の分泌が盛んで、炎症後色素瀋着となりやすい」.

3つの期:30歳の女性、在職場で、長期睡眠不足、ストレスが大きく、疲れすぎると皮脂機能が低下し、色素瀋着を引き起こします.

第四期:妊娠期の女性が出やすい肝斑は、女性の最もよくある色素性皮膚病、40、50歳を過ぎて、卵巢機能に衰退していく,女性ホルモンの分泌不足も現れやすい肝斑.

第5期:黄昏芽生えしみ、これは皮膚の老化反応で、家族と遺伝による.

Pはシミの主な誘因だなという

の主要な誘因

全体的には30歳から、外在が女性の長い斑の高い段階、特に警戒が必要です,
精力剤通.もちろん、内分泌失調は30後30後の女性が長い斑の主要な原因に.皮膚の長斑の源は多種多様、異なって種類の斑はそれぞれ異なっています.例えばフラクセル3デュアル、真皮斑:主に女性さんじゅう歳以降、靑春ホルモンの分泌が低下したり、出産後の内分泌の変化や、仕事と家庭の圧力とさんじゅう後.

他の遺伝シミ、そばかすにもと、腎臓のびくびくするとホルモンの分泌に関して、あさってのホルモンの分泌異常と紫外線吸収量も、遺伝マダラが増えたことを強める.日焼け止めは単純に紫外線照射が強すぎ、色素瀋着を生じる.黄褐斑は産後の流血、人の流れと月経が過剰に、血気の堆積;妊娠斑は妊娠後に皮膚の不調反応後に発生する.

そばかす生活小さい常識

はp> <いち.睡眠食事と皮膚に対してとても重要で、特に睡眠、たとえ目を閉じて心を休めるじゅう分でも、酸欠はない、水不足の場合は、皮膚はやっとキラビヤカ.多く水を飲んで、多くスープを飲んで、多く果物を食べて、もちろん卵と赤身赤身の蛋白質は皮膚のつるつるに対しても助けを助けることがあります.

によって、肝、腎臓、脾臓などの器官はすべて糖分が必要として、これらの器官の健康な女、髪の毛は黒くて、皮膚は赤くてつやつやしている.

日焼け止めとシミの大部分が光老化によると.日焼け止めは夏の必需品ですが、日焼け止め指数が高い製品は肌に刺激作用があり、それを使用してSPを使用します.

春はどんな野菜を食べて最も清の目火を食べます

春には癖がたくさん出てくるので、のぼせるによる体の異常症状が出てくるのは、どうすればいいでしょうか.春は火からあなたがこれらの小さい欠点の出現を避けることができます.次の野菜は少ない野菜を紹介することができますか.春季清火食は原則として清火という食べ物が多く食べられています.新鮮な緑黄色野菜,キュウリ、オレンジ、緑茶はすべて良好な解熱作用、ニンジンは補充して人体のビタミンb、避け口唇ほつれもとてもよい効果.また、経口各種清涼粉薬、例えば夏桑菊粉薬、金菊粉薬などは清火も効く.のぼせる期間中、スパイシーな食べ物、酒、タバコと夜更かし、口腔衛生、常に嗽、多く水を飲んで、医師指導の下で清火を服用します.もしのぼせる症状が明らかになり、一週間以上は好転していない、直ちに病院で受診することが必要です.専門家は、清火という薬を服用しないように注意し、過剰に服用する可能性があるとして、効果が出てくる可能性があります.もちろん、自分の気持ちを調整することも重要です.焦燥の情緒は火に油を注ぐとし、心の中の怒りを調節して体内の怒気を調節します.次に、火の野菜はどれらがありますかを見てみて、火の野菜はすべてどれらがあります.春の火の野菜ほうれん草.ホウレンソウは栄養価の高い野菜です.尖葉ほうれん草葉柄長、葉が薄く、本の太く、糖分をくわえて、丸い葉ほうれん草片脂肪の多い肉厚.ほうれん草の中にカロチンの含有量を大幅に上回って他の野菜、ビタミンCは唐辛子は以下、トマト、かつ中に含まれる止血作用のあるビタミンK葉菜で最高の.秋の乾燥、ほうれん草の中で豊富なビタミンB 2、防止口論潰瘍,目、唇炎、目が乾きました.の役割.カリフラワー.菜の花は豊富なビタミン類物質が含まれ、200グラムにはビタミンAの75 %以上が必要になる.そのビタミンC含有量がより顕著に、すべてのためはちじゅうミリグラムよりは、一般的なハクサイ、黄色のもやし含有量高さん―よんしよ倍、柑橘類の量がかなり多いに比べて2倍に.漢方医は色は肺白と言わ、秋は呼吸器感染症の多い季節、白い菜緒はきっとタイムリーな健康野菜である.セロリ.セロリ性は涼しくて、味の甘辛,平肝胃、豊富な蛋白質、炭水化物、カロチン、ビタミン、アミノ酸、鉄、カリウムなど、効果的に疲労を緩和するためにつながる欠けカリウムの秋疲れる、去痰作用.セロリと芽と干し豆腐炒め、せん切り炒め食など、色鮮やかで、味のすがすがしい香り.もやし:ビタミン含有量が高い.もやしは豊富な蛋白質とビタミンC、非常に良い美容食品です.その他の微量元素の含有量も高く、黄もやしがビタミンB 2に富んで、春の多いビタミンB 2を改善することができます、適当に食べることは予防と予防に役立ちます.黒もやしはカルシウム、燐、鉄、カリウムなどの鉱物、蚕もやしは鉄、カルシウム、亜鉛などの効果を補うことができます.各類のもやしの食用方法や調理方法が多い、和え物などの炒め物、黄色のもやし炒め香肉、ニラもやし炒め鸡丝やえんどう豆苗卵など.春のタケノコ芽:セルロースの含有量が豊富.筍は竹が土から出てから.

女性は健康5ポイ目ントを守る

陰道

膣のケチは名で、気をつけていても,目、人にも言えないこと.実は、気をつけてまんねん万年の船、みみっちいの膣からも気をつけて.膣の構造は非常に精巧なので、女性は異なっている時期にとても丁寧に加護するべきであるべきです.

Pとは違う時期には、体をよく守ることとPがあるのですが1、年齢、加護は不変

を加護する

婴幼期を容易にするためには、子供がよく着て快楽=倒計時発生しやすくて、陰門のサブ臨床感染を招き、小陰唇癒着.母は子供の小便は一旦発見線状にではなく、点滴状は、今は早く身の中.思春期に入って、女の子は幼稚で成人に発展して、腟の長さと幅が増加して、粘膜はだんだん厚くなって.重要な表現は月経の潮が満ちてくるとき、陰門の清潔を保つことが重要.

幼女は陰門の清潔、不良の生活習慣を減らして、1日も早く封ズボンのズボンのズボンを履きたいです.思春期の激しい活動は気をつけて、処女膜の損傷を免れて.清潔を保つ陰門は、毎日(少なくともに~さん日)はパンツ交換一回注意交換,月経パッド、必要な時にはシャワーで洗って陰門を防ぐため、逆行感染腟の灌漑の洗浄を行うことはできませ.

二、月経期と産褥期シャワー

出産期出産期は女性が一生の代謝が最も盛んな時期を伴って月経や妊娠、体の内外は一連の変化が発生して、腟は例外ではなくて、分泌が増えるので、抵抗力が落ちてなりの加護.子供の降臨、膣も試練を経験してきた.

提案:月経期と産褥期なるべくシャワー、風呂から引き起こす可能性尿路感染.

三、ライナーは便利で、多くは

p>と<多くの女性が,
最強のED治療薬レビトラ徹底調査,使用パッドを避けて腟とパンツの直接接触、膣環境清潔を保つことに役立つ.この考えは間違ったので、長期使用パッド、膣通気不良による感染させやすく.また、一見便利な内蔵篠も増えやすい女性患って婦人科疾患のリスクは、特に長い時間により交換篠を招きやすい腟の炎症や他の婦人科疾患.

提案:ない特別な場合は、不必要に常用ライナーに必要でない面倒、誘発膣炎.

4、タイトなジーンズが少なくて

を着るスリムのスタイルは美しい代名詞となり、痩身ダイエットは少女の一番の愛になり.実はタイトなジーンズは、美しい体が映え、あまりきつくて、デニムは厚くて、空気を通さないで、腟と外部の摩擦が増え、つながる陰門は破れ潰れ、感染症を引き起こす;もしジーンズに加えて衛生パッドは、直ちに交換できない、また一部の分泌物を局が増え、膣病気になる.

Pとアドバイスしても.身の回りの服装はできるだけ綿の製品を選んで、晩眠る時はゆったりした服を着て.月経の間